2019年03月01日

発達障害

アメリカで、発達障害の子供が急増しているそうです。
そして、これからもどんどん増え、将来は2人に1人が
発達障害かも!? という状況らしく、

危機感を持った母親たちが、その原因の一つとされている

「遺伝子組み換え食品」を体に入れないように、
家族に与えないようにと、

有機(オーガニック)のものではなくても、

「NON GMO」ノン・ジーエム・オー
(遺伝子組み換えでない、という意味)の食品を
買い求めるようになった為、

アメリカでは遺伝子組み換えのものが売れなくなって、
収入減になったそうです。

そこで考えたのが、日本の将来。
だいたいアメリカの2,3年後に同じ状況になってくる
と言われている日本で、同じ運動が起こってしまったら
困るということで、

なんと「遺伝子組み換え食品でない」という
表示自体をさせないように画策されていると・・・。

表向きは、そんな画策はしてないですよ、と言う為に、
より厳格に、今までだったら、納豆の中に5%までなら
遺伝子組み換えのものが入っていたとしても
「遺伝子組み換えでない」大豆、という表示ができていたのが、

1%でもだめだという状況になってきたようです。
どうしても梱包や搬入などの関係で、0%には
できないようなので、実質、そういう表示ができなくなったと
いうこと。

私的には、今まで5%までなら入ってたのか、
という事にも相当驚きましたが、

表示で見分けることができなくなる時代が、
もうすぐそこまで来ているのなら、

では ”どこで買うのか?” が大切になってきます。

自然農、自然農法を掲げて、本当に肥料や堆肥などを
入れずに頑張ってくれている農家さんがいらっしゃいます。

また、ヨーグルティアなどを使えば、
自分でも納豆を作ることができます。

これからは、自分でちゃんと調べて、
自分と家族の健康は自分たちで守る時代。

今までも言われてきましたが、
本当に切実に、そうしていかなければ健康を害する時代
が来てしまいました。

2人に1人が癌になって、3人に1人が亡くなる時代、
と言われていますが、私は、正しい農作物、正しい食生活で
健康を手に入れることはできると信じています。

早速、ヨーグルティアを購入しました。

頭でっかちにならず、ちゃんと行動で示していきたいと
思います!!






posted by カンコ at 14:04| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。